パワーストーンイメージ

海外で見るパワーストーン翡翠の人気

日本で、翡翠と聞いてもあまりピンとこなかったのが、私の正直な感想です。
でも、海外に行って意外と人気が高いことを知りました。
自分が身に着けたことはないんですが、その美しさゆえに、アクセサリーとして着けるというよりは、パワーストーン効果を願って、お守りとして身に着ける人が多いようですね。
ニュージーランドに行った時は、先住民族のマオリ族に代々伝わる形があるようで、それがペンダントヘッドになって売られていました。
深みのある緑から、爽やかな淡い緑にまで自然の色合いが美しいので、形にかかわらず綺麗だなと感じました。
お土産に良いと思いました。
中国でも翡翠に出会いました。
ここの人達の方が生活に密着した感じを受けました。
子供からおばちゃん、おばあちゃんに至るまで、女性が身に着けている率が高いです。
そして、本当にお守りとして身に着けているんだなと感じたことがあったんです。
ある日、私の目の前で女性が乗ったバイクが、バランスを崩して倒れました。
急いで駆け寄りバイクを起こすのを手伝いました。
大丈夫かと尋ねると、どこもケガはしてないし、大丈夫とのこと。
でも、地面を見ると何かが割れて飛び散っています。
バイクが壊れっちゃったのかなと思いながら、良く見ると緑色のガラスのようなもの。
すると、その女性が言ったのです。
「翡翠が守ってくれたんだ」と。
その割れてるのは、彼女が身に着けていた翡翠の腕輪、そうブレスレットと言うには、ごっついしっかりとした腕輪だったのです。
彼女がバイクと一緒に倒れた時、地面に当たったのはその腕輪だったので、それが割れて、彼女自身は無傷だったということだったんですね。
パワーストーンの効果と言うのは、願い事を叶えてくれるとか、お金が貯まるという方面で発揮されると思っていましたが、この中国での出来事を見て、彼らは命を守るという意味でも頼っているんだと感じました。
それぞれの国や、文化によって感じ方や、用い方が違うのかもしれませんが、何かに頼りたい、守ってもらいたいという気持ちがパワーストーンを身に着ける習慣に現れるのかなあと、私が出会った人々の反応からわかりました。
ストーンと言うだけあって、美しさや、輝きの点では、ダイヤモンドなどの宝石には劣るかもしれません。
でも、その秘められた自然の美しさに魅力を感じて、みんな神秘的な力を求めるのかもしれないなと翡翠を見て感じました。
こうなってくると、他の国のパワーストーン事情も気になってくるところです。

Copyright(C) 2014 運気上昇.com All Rights Reserved.